Menu

子供の成育に携われる保育士になるためにはどうすればいいの?

保育士になるためにはどうすればいいのか

子供好きで保育に携わりたいと考えた時に、どうすれば保育士になれるのか詳しくない方もいます。保育士になるためには、まず国家資格である保育士資格を取得することから始まります。保育士資格を取得するためには主に2つのルートを通ることになります。一つ目のルートは保育士育成を目的にした専門学校か4年制大学で履修科目に入っている大学に入学し、そこで保育士になるための養成課程の学科を勉強するのです。授業科目で本の読み聞かせやピアノの弾く練習そして児童保育の基本を4年間履修して、そして最終年度で保育に関する期末テストを受けて合格し卒業出来たら保育士資格を得ることができます。2つ目のルートは独学で保育士試験を受けることであり、その受験条件としては高校大学卒業資格を有しているかアルバイトやパートでの2年以上の保育施設での実務経験を有している人が対象になります。そして試験では筆記試験と実技試験の2回にわたって行い合格できたら資格取得となります。

合格出来たら保育士はどんな仕事をするのか

保育士の最初の仕事は0歳から3歳は離乳食が始まったばかりの赤ちゃんを担当します。この段階では色々な赤ちゃんに触れさせて慣れさせるのが目的です。そのため服の着替えや決まった時間に食事を与えたりと生活の助けをし、両親が仕事帰りに引き取りに来る時間帯まで世話をするだけです。4歳になると言葉を話すだけでなく両足で立って動いたり日常生活を送れるレベルになります。そこで小学生に上がる前に食器の使い方、あいさつなどのマナーそして文字の練習などの教育を5歳まで行うのが仕事になります。

保育士の求人を大阪で探す場合は、大阪市を中心に探してみてください。大阪市内の認可保育園は保育士不足が深刻なため、ぜひ子どもたちのために活躍していただきたいです。