Menu

外資系の会社は一歩入れば外国!日本式じゃなくてもOK。

外資系の会社では日本式ではないことが多い

外資系の会社でも面接を日本人が担当することが多いのは事実です。会社によっては外国人が担当することも少なくありません。日本の会社の場合と大きく異なるのは、型にはまったやり方で臨む必要がないという事です。身だしなみ等常識的な事は同じだと考えられますが、お辞儀の仕方だとかノックの仕方などをあまり考える必要はありません。比較的実力主義な国が多いので、あまり細かいところは気にしない傾向があります。

キャリアは大切です。

合理的な考えを持つ国が多いのも特徴でしょう。必要なものがはっきりしているのです。自分に何ができるかをアピールしなければ意味がありません。相手はそこが知りたいのです。資格があるのならそれをアピールしましょう。そしてやりたいことがあるのなら、その適正についてアピールしましょう。おとなしくしていても意味はありません。積極さが必要です。

慣れない英文メールは、相手に聞けばいい。

英文メールに慣れていないのが不安かもしれません。しかし外資系では日本とは違い、特に社内メール等では礼儀的な事はそれほど気にしない人が多いのです。メールの相手も下手な文面を見れば、その英語能力は理解出来ますからそれなりの対応をしてくれる場合が多いのです。この言い方で分かりますかとか聞いても、ほとんど問題ないでしょう。それでも心配なら周りの外国人に聞けば教えてもらえます。もちろん誰でもという訳にはいかないかもしれませんが、案外教えてくれる人は多いものです。

外資系では主張することが大事

日本の会社と大きく違うのは、年功序列や派閥などがあまりない事です。周りに気を使って発言しない事はデメリットになるだけです。自分の主張はちゃんとするべきです。無礼があってはいけないのは当然ですけどね。

外資系企業は北欧とアメリカで雇用形態が異なることがあるので、外資系の転職活動する際は各国の特色を把握する必要があります。