Menu

期間工の面接を電話で受けよう!どんなことが聞かれるの?

これまでの経歴を簡単に話せるようにしておこう

電話面接では、相手の顔が見えないため、表情や仕草で気持ちを伝えることができません。そのため、わかりやすく話を整理することが大切になります。特に、これまでの経歴は、ダラダラと話し続けると、何をいっているのかわからないという恐れがあります。簡潔に話すことができるように、事前に準備しておくことが大切です。経歴が少ない場合は、一文を短くすることを念頭においておけば、問題ないでしょう。経歴が多い場合は、それぞれの経歴がごちゃごちゃにならないように、一つずつ区切りながら話すようにしましょう。面接の担当者がメモをとる時間を考えて、間を取ることも大切です。

希望条件を整理しておこう

期間工の仕事は、あまり長期にならないことがほとんどです。そのため、福利厚生や給与についてきちんと聞かずに就職してしまい、後悔する場合があります。面接で、福利厚生や給与のことを聞きにくいという人もいるでしょう。ですが、電話面接は顔を合わせないので、聞きにくいことも聞きやすいというメリットがあります。聞いておけばよかったと後悔しないために、事前に絶対に譲れない条件は書き出しておきましょう。面接を進める中で解決したことは消していき、面接の終わりになってもはっきりしない点については、思い切って聞いてみましょう。期間工は契約期間によっては、健康保険の加入条件が異なることもあります。また、福利厚生で寮があったり、食事が付いてきたりする場合もあるので、気になる点はすぐに質問できるようにしておきましょう。

工場の繁忙期には増員を目的とした期間工の求人広告が増えます。かつては工場を経営する企業が直接雇用するのが普通でしたが、現在では地域を問わず人員を確保できる派遣会社を経由して働くケースが主流です。