Menu

タクシードライバーは接客力と地理の知識が身に付きます

タクシーの仕事は初期研修で学べます

タクシードライバーになるには、21歳以上で運転経験が3年以上が必須条件です。条件を満たした上で応募し無事採用されると、第二種免許を取得する事から始まります。合格後は研修センターと呼ばれる所で、法令順守や接客や安全面に関する講習があり、周辺の地理を覚える事になります。地理テストに合格すると乗務員証を交付してもらえます。カーナビのある時代でも抜け道とか知っていると時間短縮につながり、運賃も安くなりお客様の利益に繋がるので地理テストは重要です。

乗務員証を交付されると、次は実務研修というものがあり、教習車を使用して実際に町を走ったり、車内設備に関する話や洗車の仕方なども学びます。その後は配属となりますが、会社によっては配属先でも研修が行われる事があります。研修中も給与が支払われるので仕事内容を集中して学べる環境になっています。

会社によって待遇に違いがあるので注意!!

どの会社も21歳以上で、運転経験が3年以上という部分は同じですが、会社によってAT限定可の場合があります。第二種免許についても取得費用を会社が負担する場合は、最初から免許を取得していると10万円程度の現金をくれる事もあります。ただし入社して一定期間内に退職した場合は、会社が負担した初期費用を返済してもらうと規約に書かれている事が大半なので、一定期間がどれくらいの期間なのかを確認する必要があります。

配属されてから一定期間は歩合の他に最低給与保障をしてくれますが、その期間や内容も各会社によってバラツキがあるので、これからタクシードライバーになろうとされている方は、色々な会社を比較して、自分にとって一番待遇の良いと思える会社に応募する方が理想です。

タクシードライバーの求人は若い方にも定年退職後の方にも人気です。未経験でも正社員に採用されやすく、歩合制のため、頑張り次第で高い給与を得られることも夢ではありません。